旭川・東神楽・美瑛で鍼灸院をお探しなら東川のきむら鍼灸院へ

Tel.0166-85-6021

ご予約お問い合わせはこちら

ブログ・お知らせ

旭川で不妊治療をしている方へ 豆知識vol6 〜卵子の質〜

前回のつづきです。

 

35歳を過ぎると妊娠出産率が下がっていくという話をしました。

 

ただ、たまーに聞く世界のどこかで「60歳を超えた女性の出産」というニュース。

ビックリするニュースですが、閉経しなければ妊娠の確立は「0%」ではありません。

確立が低くなりますよ、ということ。

 

そこでもう一つデータを。

 

年齢別不妊の頻度日本生殖医療学会より引用

25歳~29歳:8.9%
30~34歳:14.6%
35~39歳:21.9%
40~44歳:28.9%

 

この数値をみても年齢による影響はやはりあるようです。

 

が、しかし。

 

体外受精で年齢の若い女性から卵子提供を受けると、「女性の年齢の増加による妊娠率の低下は見られなくなる」というデータも存在します。

 

つまり、女性の年齢の増加に伴う妊孕力の低下は、加齢による「卵の質の低下」「卵の高年齢化」が主な原因であることが示唆されるということ。

 

内膜の状態とか、着床しにくいとかは年齢の影響は受けない(受けにくい)、別の原因だ、とも言えるということですかね。

(※着床に関する事は別の機会にお話しますが、着床不全による女性不妊症の 3 割は胚側に原因が存在し、残りの 7割は子宮側の問題と言われています。子宮側の問題で最近言われているのが、子宮脱落膜の分化不全などですが、まだまだ詳細はよくわかっていないとされているようです。)

 

20代の時に卵子を凍結保存して、子どもが欲しいと思ったときに体外受精をする。

 

なんて未来がそう遠くないかも知れませんね。

 

これを待ち遠しいと思う方もいると思いますし、それは違うだろ、と疑問に思う方もいると思います。

皆さんはどうお考えでしょうか??

 

・・・。

 

話を戻しますが、年齢による妊娠への影響。

これは今も昔も認識されている事実みたいです。

 

妊娠出来る年齢になったら、いつでも妊娠出産準備に取り組める環境を作ることが大切ということでしょうか・・・

 

故を温ねて新しきを知しる。

温故知新って大切です。

 

・・・おしまい。

 

ブログトップへ

トップに戻る